脳神経外科・内科 眞壁クリニック
本文へジャンプ
HOME

ご挨拶

診療のご案内

スタッフ紹介

院内のご案内

頭痛のお話

パーキンソン病のお話

脳卒中のお話

糖尿病のお話

甲状腺疾患のお話

お知らせ

アクセス

院長のブログ
甲状腺疾患のお話


甲状腺機能の異常は視覚異常や頭痛を悪化させることが知られています。

(1)甲状腺機能亢進症

 女性に多く、体内の甲状腺ホルモンが多くなりすぎる病気です。動悸、息切れ、手の震えや体重減少の症状が見られます。バセドウ病のことが多いですが、他の原因によることもあります。
 
(2)甲状腺機能低下症
 体内の甲状腺ホルモンが減少する病気です。もっとも多い病気は慢性甲状腺炎(橋本病)です。甲状腺の働きが著しく低下すると、むくみや活動性の低下がはっきりしますが、軽症では気付かれにくく、頚部の触診で発見されることが大部分です。




最近、疲れやすくなった、寒がりになったと思われる方。食欲減退、体重増加が気になる方。
動悸、息切れ、体重減少が気になる方。
甲状腺の腫脹に気付かれた方。

当院へご相談ください。

 

このページでは、順次甲状腺の病気の話題を取り上げていきたいと思います。こんなことが知りたい!というテーマがございましたら、お知らせください
infoあっとmakabe-clinic.com (あっとを@に変換ください))。